美人すぎるFX投資の美の秘訣

人気記事ランキング

ホーム > > 車買取を行う上で用意するものはなにか

車買取を行う上で用意するものはなにか

長年の相棒であった車を売る際には様々な手続きが必要であることは誰もが予想できることかもしれませんが、では、車買取の際に必要となる物には何があるのでしょうか。ある車買取業者さんの公開する情報によると、「普通車」の場合、必要なものは全部で6~7ほどあるそうです。全部羅列すると、まず1つ目が「自動車検査証」、2つ目が「発効後1カ月以内の印鑑登録証明書(2通必要)」、3つ目が「自賠責保険証明書」、4つ目が「自動車納税証明書」、5つ目が「振込口座情報」、そして6つ目、何か契約する際に欠かせない「実印」となっております。また、預託済みの場合には「リサイクル券」の持参が必要となるようです。一方、「軽自動車」の場合は「印鑑登録証明書」がいらず、「自動車納税証明書」の代わりに「軽自動車納税証明書」が必要となります。加えて、印鑑も「認印可」となるなど多少規定の変化があるようです。こうして無事提出が終わり手続きがある程度の完了した後は、これらとは別に店舗内で「普通車」の場合「譲渡証明書」と「委任状」が、「軽自動車」の場合は「自動車検査証記入申請書」が作成されます。以上が、一連の取引に使われる書類などです。車を売る際は、それぞれ忘れないように持参するようにしましょう。

ズバブーンの評判・口コミは悪い?中古車の査定はうざい?